« 2007年5月 | トップページ | 2009年3月 »

チームプレイ その2

さて。研修医の仕事とは何か。

 

大病院の場合、患者さんの主治医は基本的に 研修医です。

 

えー? かっこいー! とか

すぐに主治医なんて出来るの~? とか色々反応あるでしょうが、

 

主治医っていうのは、

基本的にその患者さんの採血をしたり、点滴ラインを採ったり、

聴診したり触診したり 次の検査内容を考えたり いろんな手続きしたり

薬の処方をしたり 食事の内容を決めたり 話を聞いたり

担当看護師さんのご機嫌をとったり

 

つまり雑用係です。

 

治療戦略とか大きな検査方針とか 病状説明の基本方針とか(癌や余命告知とか)は、

患者さんに見えないところで

黒幕たるオーベン(=上級指導医)軍団が色々暗躍して研修医を操ってます。

 

 

さて そんな研修医の仕事の中でも、この時期一番難渋するのが点滴刺し。

だんだんとコツを掴んできたような気もしますが、

手先が不器用な私には何とも苦手な仕事のひとつです。

 

 

若い患者さんは血管もピチピチしてるのである程度大丈夫なんだけど、

高齢者は血管が硬くなってたり、皮膚がたわんでいたり、血管が潰れてたりして、

血管が見えてるのに、血管が逃げてしまって入らないとか

パンパンに浮腫んでいてどこに血管があるのか分からないとか

異常に血管が細かったり蛇行してたりして

 

 

何回刺しても

全然入らないときがあるのです。しかも夜中とか。

当直の同僚を呼びつけて二人で四苦八苦しても全然入らないし。

 

 

でも、ライン採り(=点滴刺すこと)ぐらいでオーベンを叩き起こすわけにもいかず、

かといって このままだと永遠に点滴入れられないよ~

と弱気になったときの魔法の一言を開発しました。

 

 

オーベンの寝ている仮眠ベッドに足音を忍ばせて恐る恐る近づき、

 

「すみません、浮腫がひどくてラインがなかなか採れません、

このままだと患者さんとトラブルになりそうなので

申し訳ないのですがお願いできないでしょうか」

 

これ、結構使えます。

この一言がありさえすれば、

 

「え~?ライン採り?俺眠いし・・・華ちゃん、ネバーギブアップだ、頑張れ」

と、戦場に1人送り返されることはありません。

 

「そうか。。。じゃあ俺がやるよ」

 

と快くお引き受けいただけます。

とはいえ、こういう人は上級医もライン採りに苦戦することが多いですが。。。

 

 

さて、この魔法の一言、結構いろんな場面で使えます。

 

 

こちらの揚げ足ばかりとって文句ばかりつける患者さんに病気の説明をする時。

飲薬拒否の患者さんにどうしても治療の同意をもらいたいとき。などなど。

 

 

「トラブルになりそうなので、一緒についてきていただけないでしょうか」

 

 

と言うと、ついてきてくれるばかりではなく、実行もしてくれるので大助かりです。

とにかく、

 

 

自信がないことに取り組む時は 周りの力を最大限に活用しよう!

 

 

が、この時期の研修医の魂胆であります。

ある意味、寄生虫のような研修医生活を満喫しております(^^;)

 

« 2007年5月 | トップページ | 2009年3月 »

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ