« 2009年5月 | トップページ | 2010年2月 »

彗星君のこと

一応今年から3年生なので

新人研修医が下につくことになりました。



来る前は、

「もう、あれもさせちゃお、これもさせちゃお、面倒なことぜーんぶ押しつけちゃおheart04

的に、ウキウキしてたのもつかの間、

新人さんに期待し過ぎた自分を反省down



特に、私の下にあてがわれたのは、

「3年に一度現れるかどうか」

というほどに、彗星のごとく現れたダメダメ君なのでした。

なんでコンナヤツが国家試験をパスしたのかsign02

医師不足のマスコミ論調を受けて、焦った厚生労働省が、今年は合格を大盤振る舞いしたからですannoy

誰かコイツの免許を奪ってくれannoy




モサモサ君(仮名)のデキナサっぷりは、ほぼ完璧で

手先が不器用
フットワークが重い
知識がない
記憶力皆無
常識がない
空気が読めない




まず採血!

緊張し過ぎだっちゅうの。

針を持つ手が震えるもんだから、

そして震えるまま刺すもんだから

当然血管内に入るわけもなし。

私だってね私だってね

初めての時は震えましたよ

ええそりゃもう、止めようと思っても止まらなかったですよ

でももう2ヵ月経つんだからいい加減…

失敗しすぎで患者さんの腕は真っ青ですsweat02

当然、患者さんからクレームついてます





それからね

抜糸するとき左手の摂子離しちゃうから

患者さんの皮膚切りそうになってますけど



あとね

滅菌布の上に素手で手をだすもんだから

道具が全部バッチクなっちゃうんですけど

滅菌布だけでも3000円だからね

病院がその分赤字になるのよ




ついでにね

尿道バルーンをそのまま引き抜こうとするもんだから

尿道損傷で大出血寸前なんですけど

ホント、初めてのことをやるときは、

必ず私を呼びなさいよannoy




あとね

ENBDチューブの鼻抜きするとき

間違えて患者さんの喉×××を摂子でつまんで引っ張ったでしょ

知ってんのよーbomb




毎日毎日、ちょっと目を離すと何が起こるかわからないのが一年生weep

つい自分の2年前と比べちゃうよーdash

お金をもらうと切なくなるよ

病院では一応、禁止されている「職員への謝礼」
うちも一応遠慮してますが、
公立病院ではないので受け取っても怒られることはありません


私も何度かいただいていますが
チップを下さった方は
何故か1年以内に亡くなってしまうので
いただくと複雑な思いに駆られます。


<仮説1>
癌だと解ると藁にもすがりたくて、お金を渡す気になる

<仮説2>
死ぬ前に他人に優しくしたくなる

<仮説3>
末期癌ではお金の使い道がない


今日もまたいただいたんですが
「ああ、この人も死んじゃうんだ…」
と、とっさに思う私はだいぶひねくれています(/_;)

ちなみにそんなジンクスがあるのは同僚の中でも私だけです。不思議。

さて気になるのは心付けの金額。
私の経験では 5000〜50000円です。
同僚の中には最高10万円という人もいますが
さすがに3万円以上いただくと、ぼったくってるような、犯罪をしているような罪悪感にかられます。

商品券でくださる方もいますが、
デパートなんて行く暇ないので
同じ金券なら図書券の方がいいです。
あとはクオカードとか、スタバカードとかも意外と嬉しいかも…(←あさましい)


お金をいただいても治療は変わらないけれど
点滴とかを新人さんに任せないようにしようとか
何か異変があったらすぐにエコーをあてようとか
色んな時間繰りで融通しようとか
ちょっとのワガママは気にせず受け入れようとか
「心意気」の点で少しだけ変わるのかも。
私も人間なので…

そしていただいたお金は
結局申し訳なくて一銭も使えず
全部家に保管してあります。
同僚もだいたい似たり寄ったりです。

お手紙もよくいただきますが
これはお金より嬉しいです。
でも、一度読んだら読み返すことはないです。
特に今はもう亡くなった方のお手紙は読み返しません。
他人であっても、一度でも主治医を勤めた患者さんを思い出すのは、つらい作業であります。

« 2009年5月 | トップページ | 2010年2月 »

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ