そろそろ冬ごもり

ジングルベルが遠くで鳴り始めましたが、

この時期にしてやっと、スイッチ・オンとなり、勉強に比重をかけるようになりました。

 

予備校の授業(ビデオになって学校に届くので、それを学年全員で見る)が、

21日~29日と、1月5日~10日頃まであるので、

昨日から学校にも行き始めました。

 

 

授業の合間に、トイレにでも行こうかと、医局棟の廊下を歩いていたら、

遠くから私を見つけて ピカーン と目を光らせたオジサマ発見!

虎に睨まれた狸ってこんな気分なのかな。

や や やばい 教授様だ~

と思いつつも、踵を返す訳にも行かず、オロオロしていたら、

 

教授様 御自ら、私の方に突進してきて、

 

「華君!久しぶりじゃないか!どこに行くんだ!!!」

 

と探るので、就職先のことかとは思ったけれど、

 

「え、えっと・・・・・ト、トイレです」

 

と あえてボケてみたけれど 許されず、

 

「トイレは別にいいんだよ!就職先!病院はどこ?!」

 

と詰め寄られたので

これまで大学側に、就職先を伏せてきた私としても、こう相対しては逃げるすべなく、

 

「す す す すみません、○○病院に・・・」

 

と白状してしまいました。

あぁ、ちゃんと正規の手続きで 公平な条件の下で就職先を選んだのに、

大学に残らないってだけで肩身の狭い思いをする昨今です。

 

 

常日ごろ、他病院の悪口を散々に振りまく教授様ですが、

メガネをピカリと光らせて、

「ふうーーーーーーん。で、何科に行きたいの?」

と尋ねてしばらく考えた後、

「○○病院は研修医に対してすごく教育熱心だから、いいと思うよ、

臨床実績もいいし、パフォーマンスは高いし、

華君の進む診療科も考えれば、進路としては良いと思うよ」

と珍しく持ち上げてくれたあと、

 

「 まあ、やることは派手だけどね」

 

と、また目を ピカーン と光らせて去って行かれました。

 

教授、あなたのその目のピカリ具合、怖いです。。。 (頭も。。。)

こんな怖い思いをしないように、もう医局棟をフラツクのはやめよう。

でも、心配してくれててありがとう、教授。

 

 

医局の宴会にもなれば、自らすすんで

毎回奇抜な女装をして踊りまくってご満悦になっている

この教授様にでさえ 派手 といわれる○○病院って、どんなとこだろう・・・(恐)

 

 

さて、学年みんなの就職先はというと。

うちの学年は、今年すごいんです。

日本最難関といわれる S病院(定員25人)とか、

M病院(定員8人)とかに集団就職してます。

学閥を作れば、たぶん、最大派閥なのでは・・・?

 

だから、後輩達が私達を見る視線の熱いこと・熱いこと。

学力的な優秀さでは 後輩達の方が圧倒的に上なので、

日ごろ肩身の狭い我々としては、ちょっと汚名挽回だったりもします。

(けして自分が偉いわけではない。のがミソ)

 

難関病院に行く人を見ると、

学力的にはきわめて平々凡々です。

だけど、就職先の病院のスタッフの雰囲気に似た人が多いです。

やっぱり、就職というのは、人と人とのつながりだから、

その病院の雰囲気にマッチした人が求められるんだなぁと実感。

 

だから、後輩には、

「病院見学はしっかりするよう」

アドバイスしています。

そろそろ5年生の就職活動が本格化してくる頃です。がんばれー

 

 

怒りの診療費

就職に向けて、

麻疹・水痘・風疹・流行性耳下腺炎(オタフク)

のウイルス抗体価を調べなくてはなりません。

 

 

これらの4つは、「一度かかったら、二度とかからない」と言われていましたが、

実は、それは違うらしいということが最近判明しつつあり、

「定期的に、ウイルスにさらされていないと、再びかかることがある」

らしいです。

 

 

で、かかりやすいか、かかりにくいか、の目安になるのが

ウイルス抗体価

これが沢山あればあるほど、かかりにくくなります。

 

 

さて、私の結果ですが。

水痘・風疹 → 罹患したことあるし、抗体価もバッチリ

 

 

問題は、麻疹(ハシカ)。

乳幼児期に、罹患したことあるらしい。

3年前、2年前に抗体価を測って、かなり高かった。ここまで順調。

しかし、今年7月に、陰性化!抗体がなくなっちゃった!

 

 

更なる問題は、流行性耳下腺炎(オタフク)。

これは、罹患したことないので、

2年前にワクチンを打ったのだけれど、

今年7月の検査で、抗体が全然ないのです!!

ワクチン効き目ナシ!効き目ゼロ!

 

 

抗体がなければ、ワクチンをもう一度接種しないといけないのですが、

私はB型肝炎ワクチンで副作用が出てしまったので、

あまり無意味にワクチンを接種したくないのです。

だから、

これらをもう一度ワクチン接種するまえに、

ほんっとうに 抗体ないのか

何かの間違いではないのか

抗体価をもう一度測ろうと思いました。

 

 

でも、この検査は自由診療になるので、

病院によって診療代が違ってくるだろうなぁと思い、

近所の病院に電話して、どこが一番安いのか、調べてみました。

 

A病院: 8000円です。

B病院: 8300円です。

C病院:  8500円です。

D病院:  実施できないので他の病院に行ってください。

 

 

ここで、Eクリニックに電話。

「5000円になります。」

「えっ?本当ですか?ハシカとオタフク の2つですよ?」

「ハイ、2つで 5000円です。」

 

 

何度も確認したけど、間違いないらしい。

もう、こりゃ、Eクリニックに決まりでしょ!

 

 

行く道中、浮いた3000円で何を買おうか、

たまにはケーキの1つでも買って食べようか、

もうホックホクだったんですよ。

 

 

でも、相場とのあまりの違いに不安になって、

受付で、念のため、「5000円ですよね?」 最終確認したら、

「あぁ、お電話の方ですね、5000円です」って言われたので、

安心して受けました。

 

 

採血すりゃいい話なので、とっとと血を抜いてくれれば良いのに、

一応医療行為は診察抜きではしてはいけないのでしょうか、

診察室に呼ばれました。

 

 

「ほう、そうですか、●●病院で来年から研修なんですね、

僕は●●病院の ■■先生と知り合いでね」

 

って どーでも良い会話を1分程しただけで、採血して、検査終了。

 

 

すべて終わって、会計しようと待っていたら、

なぜか?時間がすごくかかってました。

 

そのうち、事務の人が つつつ・・・っと走りよってきて、

「あの・・・」と耳打ちするんです。

 

 

なんと、

電話では勘違いして、1種類しか検査しないと思い込み、

5000円だと言ってしまったが、

今確認しなおしたら、間違いが発覚した。

で、

8000円くらいかかりますが よろしいでしょうか」

と言われたので、

 

 

間違えておいて、すみませんの一言もないのか、この事務員は!

あんなに確認したのに、5000円だって言い張ってたから、それを信じてきたのに!!

でも8000円なら相場だし、仕方ないか。

それに、●●病院で働くってことバレちゃってるし、ここで問題起こすのもなぁ・・・

 

 

と思って、不承不承、

「いいです、払います」

ってOKしたんです。

 

 

そしたら、そしたらね、

会計に呼ばれたらですね、

金額、8900円だったんですよ!!!

 

8900円かかるんだったら、

「8000円くらいかかりますが よろしいでしょうか」

じゃなくて、

9000円くらいかかりますが よろしいでしょうか」

って聞け!!!って思いましたよ!

 

 

もう本当に、この事務員なんなんだ!!!

私はねぇ、

高校卒業以来、大学の授業料と生活費は全部自分で工面してるから、

いい加減、お金ないんだってば!!!

(・・・あっ、お年玉だけは例外として欠かさずもらってます☆へへ)

私にとって3000円はねぇ、すごい大切なの!!今貧乏だから!!!

 

 

5000円だって信じてきたのに、

もう会計するしかない段階にきてから、9000円請求するだなんて、

新宿歌舞伎町も真っ青のボッタクリ店でしょ!

 

 

怒りのあまり、診療費明細を見たら、

診察代: 2700円

検査代:  6200円

って書いてありました。

 

 

そーかそーか、あんなどうでもいい会話で2700円も取るのね。

 

 

普段、医療費が高いという人々の声に対して、

いろいろ病院や検査代の実情も聞いているし、

日本の医療費はこう見えて、世界で一番安い状態にあると知っているので、

割と医療サイド擁護派についている私ですが、

 

 

最初っから、2700円もとるんだって分かってるんなら、

もうちょっと ありがたいお話をしてちょーだいよ!!!
 

 

医者って ウマミのある商売してるんだなぁ・・・

とこの時ばかりはガッカリしました。

 

帰りがけに買うはずだったケーキは、当然お預けです(泣)

もう二度と、あのクリニックには行きません。

 

みんなで路頭に迷う危機

内定先の病院から、仮契約書が届きました。

なぜ『仮』かというと、まだ医師免許がもらえるかどうかわからないから。

 

さて、その仮契約書、

こういうところに病院の性格が出るというか何というか、

私の病院は、友人たちの病院に比べて格段に

ご丁寧。。。。??

 

 

なんと連帯保証人をつけなくてはならず、

あ、多分、契約書の文面からすると、医療訴訟に備えてみたいなんですけど、

連帯保証人よ、連帯。ただの保証人じゃなくて。

 

 

しかもその保証人、

両親などの家族は不可

他の世帯の 『世帯主で』 って指定なんです。

しかも2人ね。

 

 

仕方ないから、他の世帯の世帯主2人に、保証をお願いにあがりました。

2人とも、ほとんど目暗判子で押印してくれて、

ありがたいことこの上ありません。

 

 

だけどね。

この責任感、いくら学生でもズッシリと感じずにはいられません。

私がミスしたら、

私の大事な人達もみんな、路頭に迷うことになると思うと、

そんなことになったら、お詫びしてもしきれませんよね。

 

 

参勤交代の頃、江戸に妻子を預けていた大名たちの気持ちが今、わかります。

 

 

うちの大学の近くに、医療訴訟が起きて、

医師の過失が認められなかったのに 損害賠償が命じられたことがあり、

その先生は、診療所もろとも、家屋敷売り払ってしまわれ、

今なお損害賠償の支払いに追われています。

そんな事例が近くにあるので、身の毛もよだつ気分です。

※医師保険(?)は、医師に過失がない場合は、支払われないそうです。

 

 

でも、そんなミスをするような研修医を雇う、

病院側の責任もあるんじゃないかなーと思いました。

だって、

どうしてもイヤだと思えば、拒絶することも出来るでしょ?

 

ちょびっと病院に対して不満をもった出来事でした。

 

 

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ